旅行者のためのブハラの街カド言語事情

旅行中の現地事情として、言葉が通じるかは気になるところです。

いくら英語が世界的言語といえども、世界の津々浦々まで浸透しているわけもなく、現地の生の言語事情は旅行者にとって重要なファクターです。

今回は、「旅行者のためのブハラの街カド言語事情」を紹介します。

 

総論

 

ウズベキスタンは、人口の約8割がウズベク人です。

そのため公用語はウズベク語で、次いでロシアの通用度が高いことが特徴です。

旅行客の頼みの綱である英語は、残念ながら通用度は低く、できれば簡単なロシア語が使えることが望ましいです。指差しロシア語会話帳は、必携品です。

ブハラはウズベキスタンの中でも世界遺産なので、観光客が多いエリアです。

そのため、ウズベキスタン全体の中では英語の通用度は高いです。

しかし、それはあくまで観光客を相手にする宿泊施設や露店、カフェ、レストランに限定されると考えた方がいいです。

 

ホテル

 

私が滞在したのは、ゲストハウスでした。

英語は問題なく、対応してくれます。

世界遺産の街で観光客が多いということもあって、宿泊施設で英語が使えないということはなさそうです。

(日本語ができるところは期待薄ですが。)

 

レストラン

 

問題なく英語が通じました。

メニューも最初は、ウズベク語(ロシア語かも?)表示のメニューが渡されても、英語のメニューを出してもらうことができます。

もちろんウズベク語と英語が併記されているメニューのレストランも多くあり、コミュニケーションに支障はないと考えられます。

 

公共交通機関

 

残念ながら、公共交通機関には乗りませんでした。

バスがありますが、ブハラの観光地にあたる旧市街地は、そんなに広くないので徒歩で十分に回れる距離です。

タクシーを使うこともないと思います。

 

タクシー

 

ウズベキスタンの鉄道駅とブハラ市街地までの往復をタクシーで利用しました。

(ブハラ市街地と鉄道駅は車で20分ほど離れています。)

ブハラへ向かうタクシーは呼び込みで捕まったので、英語バッチリでした。笑

帰りは、早朝にゲストハウスの主人に呼んでもらったタクシーだったので、特に交渉などのやりとりがありませんでした。

しかし、代金の決済や目的地の話をすると理解してくれているようで、問題なかったです。

 

買い物・ショッピング

 

現地にあるスーパーというか日用品を買うようなショップは、英語は通じませんでした。しかし、品物をスタッフに持っていき、言葉が分からないとわかると、電卓を叩いて金額を押してくれます。

またブハラにはタキと呼ばれるドーム型の露店があります。

こちらも商売相手が観光客とあって、英語を使ってコミュニケーションが取れます。

中には、自分が日本人だとわかって、日本語で話しかけてくる露天商もいました。

この辺は、どこの国でもかわりませんね。

 

以上が、「旅行者のためのブハラの街カド言語事情」です、

参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1986年生まれ。長崎県佐世保市在住。山暮らしでサラリーマンをしながら、暇を見つけては旅をして、その模様をつづっています。 Instagramで訪れた場所の写真を日々アップしています。 noteで旅全般の記事を作成中。 https://note.mu/ge__shi トライアスロン挑戦中。 http://try-tri-try.net/