ブハラ唯一のUSDのキャッシングができるATMについて

印象的な世界遺産が多いウズベキスタンですが、最も人気なのはサマルカンドだと思います。

青の都と呼ばれるとおりサマルカンドブルーのメドレセやモスクはフォトジェニックなスポットです。

また、ウズベキスタンには地方都市に世界遺産がまだ存在します。

その代表格の一つがブハラです。

サマルカンドから電車2時間弱の場所に位置し、

サマルカンド同様にウズベキスタンの観光ルートに組み込まれる世界遺産です。

今回は、「ブハラ唯一のUSDのキャッシングができるATMについて」紹介します。

ウズベキスタンの両替事情については、これまでいくつか紹介してきました。

ウズベキスタンでは、現地通貨のスムに両替するにあたってUSDを持っていることがとても重要です。

しかし、ウズベキスタン入国時には十分に持っていたはずのUSDも、

旅を続けて滞在期間が長くなると底を尽きてくるものです。

そこで、新たなUSDを調達しなければなりません。

ここで多くの旅人が問題に直面します。

それは、ウズベキスタンでは国営銀行のKAPITAL BANKでしかUSDをキャッシングできないという現実です。

クレジットカードさえ持っていれば、簡単に現地通貨やUSDを入手できる国が多い中、ウズベキスタンでは、その常識は通用しません。

KAPITAL BANKの場所

まず、ブハラにはKAPITAL BANKのATMは一つしかありません。

なのでかなり貴重です。

それを紹介します。

カラーンモスクやミナレットがそばにある通りに、KAPITAL BANKのATMはあります。
これがKAPITAL BANKのATM。夜中に探し当てました。

私の場合、翌朝の早朝にブハラを出発することになっていたので、

手持ちのスムがかなり少なかったこともあり、急いでこのATMを利用しました。

(USDからスムへの両替は、ゲストハウスのオーナーに相談したら、彼が闇両替のそこそこ良いレートで替えてきてくれました。)

もしブハラで、手持ちのUSDがなくなっていたら、ここしかないので逃さずキャッシングしておきましょう。

以上が、「ブハラ唯一のUSDのキャッシングができるATMについて」です。

参考にしてみてください。

ウズベキスタン旅行お役立ち情報まとめ

2017年にウズベキスタンに行きました。

タシケント、サマルカンド、ブハラを訪れました。

そのときに得た雑学や失敗談、経験をまとめています。

ウズベキスタン旅行時の参考になると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1986年生まれ。長崎県佐世保市在住。山暮らしでサラリーマンをしながら、暇を見つけては旅をして、その模様をつづっています。 Instagramで訪れた場所の写真を日々アップしています。 noteで旅全般の記事を作成中。 https://note.mu/ge__shi トライアスロン挑戦中。 http://try-tri-try.net/