少子化も影響なし?平成30年旅券統計

皆さんは、2月20日が何の日なのかご存知ですか?

そう!「旅券の日」ですね。笑

毎年、2月20日は「旅券の日」で、
その日に外務省が旅券統計を開示しています。

https://www.mofa.go.jp/mofaj/files/000447940.pdf

今回は、2月20日に開示された平成30年(1~12月)の旅券統計をまとめてみます。

昨年(平成29年)の統計は、下記にまとめています。

一般旅券発行は前年比5.3%増

旅券というより、パスポートと言う方が一般的でしょう。

よって、以下からパスポートと表記します。

パスポートの新規発行数は、4,332,397冊で、前年比5.3%増でした。

(引用元:旅券統計(平成30年1月~12月))

これは、平成27年(2015年)から増加傾向が続いています。

また平成30年は、発行数が減少した都道府県がなかった年になりました。

修学旅行や留学で新規発行が伸びるといっても、現在は少子化です。

パスポートをとって海外へ行く人が増えることは、旅好きとして純粋にうれしいですね。

日本の人口から考えると、約4人に1人がパスポートを保有している状況です。

海外渡航者は前年比5.9%増

次に日本人の海外渡航者の推移です。

2014、15年に海外渡航者は一時的に減ったのですが、また伸び始めました。

2017年:17.889,292人

2018年:18,953,996人(2017年比1,064,704人増)

※2018年は暫定値です。

海外渡航者は、2017年から5.9%伸びたことになります。

確実に海外旅行(出張含む)する人が増えています。

紛失・盗難件数も伸び

パスポートの発行も伸びていますが、残念ながら紛失・盗難件数も伸びています。

2014年から伸び続けており、合計41,593冊が紛失・盗難されています。

有効パスポート数が、29,936,470冊なので、720人に1人が紛失・盗難にあっています。

パスポートについては、紛失・盗難だけでなく保存方法も注意しておきましょう。

外務省から注意喚起が下記です。

https://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/passport/hokan.html

その注意喚起を解説した記事が、下記になります。

以上が、「少子化も影響なし?平成30年旅券統計」です。

参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1986年生まれ。長崎県佐世保市在住。山暮らしでサラリーマンをしながら、暇を見つけては旅をして、その模様をつづっています。 Instagramで訪れた場所の写真を日々アップしています。 noteで旅全般の記事を作成中。 https://note.mu/ge__shi トライアスロン挑戦中。 http://try-tri-try.net/