あなたは忘れてませんか?国際線フライトで必ず機内に持ち込みたいアイテム

旅行術
Pocket
LINEで送る

年に数度や何年に一度の海外旅行となると、日常生活とは違った準備が必要です。

特に、国際線のフライトでは荷物を預けていると、
機内ですぐに欲しい物を取り出すことができず、何を機内に持ち込むべきかは重要な点です。

今回は、国際線フライトで必ず機内に持ち込みたいアイテムを紹介します。

 

必須アイテムは、「ボールペン」

 

なんだそんなアイテムか。。。と言われそうですが、個人的にはかなり重要なアイテムだと考えています。
これから、なぜボールペンが必須アイテムなのかをお話ししたいと思います。

肌身離さず持ちたいアイテム、ボールペン

機内で入国カードの記入

 

長時間の国際線フライトになると、各々過ごし方は違うと思います。
そんな中、旅慣れている人が機内でやっていることの一つとして、滞在国の入国カードの記入があります。
※入国カードを省略している国の場合は不要です。

入国カードは、機内でCAさんが配ってくれますし、記入を済ませておくと到着後にイミグレーションに並ぶ際もスムーズです。

もちろん記入にはボールペンが必要ですので、マストアイテムとして必ず機内に持ち込みたいところです。
(ビジネス出張ならまだしも、観光だとボールペンは忘れがちです。)

もし、機内で入国カードを記入できない場合、到着後にイミグレーションカウンターで記入することになるため、
入国手続きが後手後手に回ってしまいます。

機内で記入を済ませて、滞在時間の最大化したいところです。

 

帰国便は、税関申告書の記入

 

入国カードは、国により有無がありますが、日本への帰国便では税関申告書の記入が必要になります。

ここでもやはり、ボールペンがマストアイテムです。
日本に到着したら、早く家に帰りたいと思うものです。

フライト中に税関申告書を書いておいて、到着後スムーズに行動できるようにしておきたいですね。

 

道に迷ったときのコミュニケーション手段として

 

これは余談ですが、現地で道に迷ったときにもボールペンは役に立ちます。

今ではモバイル系のデバイスが進化したことにより、もっぱらそのようなデバイスに頼って旅行している人も多いと思います。
かく言う私も、そちら側の人間です。

しかし、案外コミュニケーションに苦労するケースが多いのが実態だと感じます。

紙とペンを渡して、道順や地名を書いてもらうとコミュニケーションに要する時間が圧倒的に少なく、スムーズに進みます。

以上が、国際線フライトで必ず機内に持ち込みたいアイテムです。

個人的に海外旅行はイミグレーションをいかに効率よく通過するか?で、現地での滞在時間が変わるため案外重要だと思っています。入国審査を早く通過するコツについては、下記リンクを参照してください。
現地での時間を最大限に!入国審査を早く通過するコツ

1986年生まれ。長崎県佐世保市在住。国内外への旅行が好きでその模様をつづっています。渡航歴は、韓国、中国、台湾、ベトナム、ラオス、カンボジア、タイ、ミャンマー、マレーシア、シンガポール、インドネシア、フィリピン、フランス、アメリカ合衆国(ハワイ)等。
Instagramで訪れた場所の写真を日々アップ。
訪れた場所のキュレーション↓
https://retrip.jp/users/14os_g/articles/
トライアスロン挑戦中↓
http://try-tri-try.net/

Pocket
LINEで送る

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


旅行術
帰国の際に気を付けたい日本に持ち込めない物の豆知識

国内・海外に限らず、旅行につきものは「お土産」です。 旅行した地域のものを、持って帰って友人や家族に …

旅行術
タダじゃない!空港保安検査費用は自己負担

海外旅行と言えば、飛行機に乗っていくことがほとんどです。 そのための航空券ですが、実は単に飛行機運賃 …

旅行術
データで見る各国の日本語学習の状況

海外旅行となると、基本的には英語を使ったコミュニケーションが必要になります。 語学に自信がない人は、 …